読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢竹蔵曰く「最大の敵は見栄である」

神奈川県川崎市在住のダウンシフター思考(志向)漂白民

最大の敵は見栄である

変化した思考で誕生した「最大の敵は見栄である」

2012年10月〜2013年2月の期間、産業廃棄物場にて仕分けの仕事(まだリサイクルできる物を手仕分けで選別する)をしていたのだが、長時間労働ガテン系の仕事にありがちな汚い言葉が飛び交う現場の環境の中、ついに自分の心がポッキリと折れてしまう。この仕事の給料は高い方だったと思うが、お金云々よりも『仕事辞めたい・・・』の思いが断然強くなった(それ以前に昔から根本的に「仕事したくない」という思考だったのだけれども)

結局、仕事や現場に対し1度でも疑念やらを抱き始めたら、まるでビル爆破解体の如くなし崩し的にもう仕事を辞める事しか考えられず、もはや自然の摂理的に退職の道を選択するのであった。

・・・この仕事(の環境)が自分の中で1つのターニングポイントになったのは間違いなく、それからは高い給料よりもやはり自分の時間が何よりも大事だ(労働時間は少ない方が良い)と思い始め『自分は独身だし、付き合ってる女性とかも居ないし、普段の生活における支出を見直し、物も必要最低限以外買わなければ別に安い給料とかでも全然やっていけるんじゃないだろうか? それに比例して労働時間とかも減らせるのではなかろうか? 自由な時間を確保し青春18きっぷ等を使って旅でもした方がもう自分の人生は大ハッピーじゃないだろうか?』という思考に至る。

さらに『人生の中で最大の敵は見栄だ。テレビを見ればCMなどで物などを買わせようと誘惑し、街を歩けば広告やら看板やら手ぐすね引いて誘惑しようとし、世の中の人間は高級ブランド品やらタワマンやらとにかく金と物などでマウンティング的価値を見出す有様・・・etc  あー、もういい!』と冷めた目で倦み疲れ昨今の若者思考(お金を使わない物を買わない非消費思考)とほぼ同じ考えにシフトし始めた。

以降、自分で生み出した 最大の敵は見栄である の言葉をモットーに常日頃自分に言い聞かせ、ある種の自己満ではあるが知り合いにも宣言したりしている。

現段階では月12万〜13万円ぐらいでやっており貯金もできている。今後の目標は家賃やらを下げ完全なる精神的自由と自立を構築したい。

あ、余談でどうでもいい事なんだけど俺が作ったもう1つの言葉に「人類とは皆変態である」もありますw