読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢竹蔵曰く「最大の敵は見栄である」

神奈川県川崎市在住のダウンシフター思考(志向)漂白民

ショッピングセンターはゾンビの巣窟なのかもしれない

デッドライジングで戦う主人公を自分に重ねた

昨日、埼玉県越谷市越谷レイクタウン(駅)へ行ってきた。JR東日本 武蔵野線に乗って素通りした事は過去にあったものの現地に降り立つのはこの日が初めて。実は土曜日に埼玉県に住んでいる知り合いがそこに行って色々と情報を俺に教えてくれた。・・・以前の記事にも書いているように気になったら実際に現地に行って自分の目で見て自分の足で歩かないとスッキリしない性質だ。

この街はイオンレイクタウンという日本で最大規模を誇るらしいショッピングセンター、それこそレイクという名が示す通りにちょっとした湖的な広さを持つ大相模調節池がある街で町名も越谷市レイクタウン1丁目~9丁目で構成されており、個人的にドラゴンクエストの中で街を作って発展させて行くの現代版な印象を受けたのである。

そのイオンレイクタウンkaze棟mori棟アウトレット棟の3つが連絡通路などで行き来が可能で隅から隅まで見て歩くのに思った以上に相当の時間がかかる。ウィンドウショッピングならぬウォーキングショッピングとでも言った方がしっくりくるかもしれない。

そしてまざまざと大物量攻撃で人々の心を「これでもくらえ!」と言わんばかりの怒涛の誘惑魅惑戦略の中、他の来店者達が欲にまみれたゾンビに見えてもはやデッドライジング(巨大なショッピングモールにて大量のゾンビやサイコパス人間と戦いながら72時間生き抜くサバイバル的なアクションゲーム)にしか思えない。そんな状況と環境で自分勝手にドン引きをし身も心もすっかり消耗してしまった自分が嫌悪感という名のダークサイドに支配されてしまう事に。。。

同じ人工物でも大相模調節池(沿いのウォーキングコース)は自然的要素もあり癒やし効果はあるのかもだが、生憎この日は強風で大変残念な結果に終わった。。。気温が高く暖かい日がベストだ。

それにしてもつい最近まで大都会大好きでショッピングセンターやショッピングモールに行ってもそう思わなかったのに、拒否反応的なものが出てきたのはやはり何かしらの気持ちの変化の現れなのだろうか?